あなたらしい自由設計STYLE+HOME ヒュートの新築

HUTTの新築スタイルホーム

STYLE+HOME(スタイルホーム)の特徴

変わることと変わらないこと

施主様の個性や生活スタイルを重視した家を建てるため、1棟1棟違ったおもむきに仕上がります。しかし基礎や躯体、家の骨組みとなる部分は何があっても品質を落とすことはいたしません。

全棟耐震工法により大切な家族の命を守ります。

①耐震等級3(最上級)

SE構法 耐震

地震に負けない強さと、木造の美しさを両立していることから、昨今、公共機関でも数多く採用されています。柱や梁そのものを互いに剛接合し、強固な構造躯体をつくり上げるラーメン構法と言われる構造形式のひとつです。
当社では全棟耐震等級3(最上級)をお約束しています。これは、よく見る耐震等級3相当とは似て非なるものです。
ラーメン( Rahmen) はドイツ語で「額縁」の意。

②木造

木造

柱や壁が少ないことから、木造でありながら大きな吹き抜けや広々としたLDKなど、設計の自由度が極めて高いのが特長です。立派な梁を活かした温もり溢れる空間を作ることができます。
鉄骨造やRC造のようにコストがかさむこともなく、一般の木造住宅の建築費用と同等で建てることが可能です。

③広い空間

SE構法 広い空間

従来の木造建築では接合部の弱さを補うため、壁や筋交いがたくさん必要です。ですので空間に限りがあります。その点、SE構法は強力な接合と強度な収集材を使うことで柱を減らし大空間を実現することが可能です。
現在保育園などの公共機関でも多く採用されています。

④間取り変更

SE構法 間取り変更

「スケルトン&インフィル」

将来ライフスタイルや家族構成が変化しても、間取りや設備などの内装を改造し、長期的に有効活用できる住宅です。

耐震構法では躯体や基礎、外装などの構造部分(スケルトン)と、内装や設備、仕切り壁など(インフィル)が独立しています。それにより大胆な間取り変更が実現可能です。

⑤資産価値の高い家「長期優良住宅」

住宅性能評価

長期優良住宅とは、長期にわたって良好な状態を維持するために設計され、自治体に申請後、認定を受けた住宅のことです。建て替えることなく、定期的なメンテナンスで住宅を保つことができれば、何世代にもわたって住み続けることができるだけでなく、環境問題の改善に繋がります。

長期優良住宅認定、低炭素建築建物認定を取得する事ができます。    
認定を受けることで地震保険料等の割引や将来手放すことがあっても家の価値を証明できるメリットがあります。

⑥耐震性能を見える化する構造計算

耐震性能を見える化する構造計算

構造計算は、あらかじめ地震の揺れや風の力を予測し、それに耐えうる性能を持った住宅づくりを可能にしています。

住宅は、土地の周辺環境や立地条件によって1棟1棟異なるため、当社では全棟を構造計算しています。構造計算を実現するには条件があります。それは、住宅の構造を構成するすべての部材の強度が分かっていること。接合部に強度の基準があること。 そして、基礎や構造部材、接合部の強度が一定の基準値を満たしていること。これによって初めて構造計算が可能になり、家の安全性を数値によって証明できるのです。

これにより、耐震だけでなく台風積雪等自然災害においても安全性を確認しています。

⑦高断熱

安全性と快適性

⑦-1 断熱材
壁、天井の断熱材はアクアフォームが標準仕様。現場発泡硬質ウレタンフォームは発泡することにより、現場の形状に隙間なく密着するので、気密性が高く、またシックハウスの原因素材も含みません。床にはスタイロフォームで家を丸ごと断熱材で包み込みます。

断熱性能を表す指標にUA値(外皮平均熱貫流率)があります。
※低い程断熱性が高いとされる兵庫県の基準は0.87W/・㎡K以下。HUTTでは0.56W/㎡・K

⑦-2 熱交換システム
24時間換気され、常に室内は綺麗な空気が保たれます。一年中快適に過ごせる省エネ住宅です。

⑦-3 樹脂サッシ
YKK APW330が標準仕様。樹脂とLow-E複層ガラス。省エネ建材等級において最高等級を取得。夏は涼しく、冬は温かい、内外の温度差が生じにくいから結露もなく、熱貫流率の良さで光熱費も抑えられるなどの理由から採用しています。内外のカラーが自由に選べるのも魅力です。

⑧無垢フローリング

無垢は個性的であたたかく気持ちいい。ハダシで暮らしたくなる。

木は室内の湿度が高ければ湿気を吸い、乾燥していれば湿気を吐き出します。 常に快適な空間を保ちながら、年月を経て味わいを増していく魅力があります。

HUTTの家

HUTTの新築コートヤード

耐震リフォームリノベーション

お問い合わせはこちら