エアコン1台で家全体が暖かい家

 

先日、平屋をご検討中のお客様と共にOB様宅訪問させていただきました。

平家でありながら天井が高くトップライトを配置している事で明るく開放的なLDK。日中は自然光で明るく過ごしやすい。そして、家全体が暖かく、心地よい。OB様によると、LDKに設置してあるエアコン1台だけで家全体の空調を管理されているとのことで、夏でも涼しいため、寝室にエアコンは設置しなくて済んでいるそうです。

ヒュートの新築は全て高断熱住宅です。性能の良い断熱材と樹脂サッシを使い、外からの熱(暖気や寒気)を入れず、室内の温度を外に逃さないので快適かつ省エネに暮らすことができます。どの部屋も快適な温度が保たれ、冬場に廊下、洗面所、トイレなどが寒いと感じることもない。急激な室温差が原因となって発症するヒートショックのリスクも軽減されます。

冬場のあるあるですが、LDKだけ暖かく、廊下は寒い。トイレやお風呂に行くのも、おっくうになってしまいがち。どこにいても暖かければ、さっとお風呂に入ろうと思うし、脱衣スペースまでも暖かい。何をするのも快適温度で動きがスムーズになります。

実はこの冬、我が家も全館空調で過ごしています。恥ずかしながら、これまでは、光熱費を抑えようと、LDKの熱が逃げないようにドアを閉め、子供がドアを開けっ放しにすると「閉めてー!」と何度も言っていました。今は「ドアは開けっぱなしにしてー!」と言っています。実際にやってみると、子供は暖房の前を占拠することは減り、お風呂にもスムーズに入ってくれたり、自分たちの部屋でゆっくり過ごす時間も生まれました。そして外から帰ってきて玄関に入ってすぐ「あったかー」とつぶやく家族の声にほっこりしています。

家のどこでも快適な温度で健康に暮らせる。寒い冬の夜でも暖かい家が迎えてくれる幸せ。

今回のOB様宅訪問で、改めて高断熱住宅の素晴らしさを実感しました。快く訪問を受け入れてくださったOB様に感謝です。

そして、来月、現在新築工事中の現場にて断熱見学会を開催予定です。どのように高断熱の家がつくられるのか、ぜひご自身の目でご確認ください!

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。