ヒュートの補助金活用2023年こどもエコすまい支援事業

新築では、子育て世帯や若者夫婦世帯による高い省エネ性能を有する住宅の取得、リフォームでは住宅の省エネ改修等に対して補助金が交付されます。

補助金活用のご相談、手続きはおまかせください。

HUTTでは少しでも施主様の負担が少なくなるように補助金の活用を積極的に行っています。ご利用にあたっての最善のプラン設計や面倒な手続きはお任せください。

新築の場合

 

子育て世帯・若年夫婦世帯を対象に 高い省エネ性能を有する住宅を新築する場合  最大100万円の補助金が 交付されます!

補助対象者

注文住宅の新築※1
新築分譲住宅の購入
子育て世帯※2・若者夫婦世帯※3が取得する一定の性能を満たす住宅
いずれも、土砂災害防止法※4に基づく土砂災害特別警戒区域に立地する住宅を除く

※1 新築:対象となる住宅の延べ面積は、50㎡以上とする。
※2 子育て世帯とは、18歳未満の子を有する世帯。(年齢は令和3年4月1日時点)
※3 若者夫婦世帯とは、夫婦のいずれかが39歳以下の世帯。(年齢は令和3年4月1日時点)
※4 土砂災害警戒区域等における土砂災害防止対策の推進に関する法律(平成12年法律第57号)

 

対象期間

新築注文住宅 工事請負契約 建築着工
契約日を問わない 2022年11月8日以降に着手

 

 

申請期間

2023年1月中旬~遅くとも2023年11月30日(予定)

※申請の締め切りは、予算の執行状況に応じて公表

 

 

対象住宅の性能と補助額

新築の注文住宅と新築分譲住宅の購入

①~④すべての要件を満たすものが対象

対象条件 補助額
①ZEH、Nearly ZEH、ZEH Ready、ZEH Oriented
又は、認定長期優良住宅、認定低炭素住宅若しくは性能向上計画認定住宅
(強化外皮基準かつ再エネを除く一次エネルギー消費量▲20%に適合するもの)
1,000,000円/戸
②住戸の延べ面積が50m2以上
③土砂災害警戒区域等における土砂災害防止対策の推進に関する法律(平成12年法律第57号)に基づく土砂災害特別警戒区域に立地しないもの
④都市再生特別措置法(平成14年法律第22号)第88条第5項の規定※により、当該住宅に係る届出をした者が同条第3項の規定による勧告に従わなかった旨の公表がされていないもの

リフォームの場合

世帯を問わずご利用可能最大60万円の補助金交付

補助の対象者

世帯を問わず対象工事を実施するリフォーム

1戸あたり上限補助額:300,000円~600,000円
1申請当たりの合計補助額が50,000円以上が必要となります。

 

 

対象とする期間

リフォーム 工事請負契約 工事の実施
契約日を問わない 令和4年11月8日以降に着手

 

 

必須工事

 
開口部の断熱改修
ガラス交換、内窓設置、外窓交換、ドア交換 3,000円~45,000円/枚or箇所
外壁、屋根・天井又は床の断熱改修
外壁、屋根・天井、床(部分断熱の場合) 40,000円~151,000円/戸
(20,000円~75,000円/戸)
エコ住宅設備の設置
太陽熱利用システム、高断熱浴槽、高効率給湯機 27,000円/戸
節水型トイレ、節湯水栓 5,000円~20,000円/台
蓄電池 64,000円/戸

 

任意工事

■子育て対応改修
家事負担軽減
ビルトイン食器洗機、掃除しやすいレンジフード、ビルトイン自動調理対応コンロ、浴室乾燥機、宅配ボックス
11,000円~21,000円/戸
防犯性向上
外窓交換、ドア交換
20,000円~49,000円/枚or箇所
生活騒音への配慮
ガラス交換、内窓設置・外窓交換、ドア交換
3,000円~34,000円/枚or箇所
キッチンセットの交換を伴う対面化改修 89,000円/戸
 
■防犯性向上改修
ガラス交換、外窓交換 6,000円~37,000円/枚or箇所
 
■バリアフリー改修
手すりの設置、段差解消、廊下幅等の拡張、ホームエレベーターの新設、衝撃緩和畳の設置 5,000円~28,000円/戸
 
■エアコンの設置
空気清浄機能・換気機能付きエアコンの設置 19,000円~25,000円/台
 
■リフォーム瑕疵保険又は大規模修繕工事瑕疵保険への加入
  7,000円/契約

 

 

>国土交通省のサイトで詳細をチェック

現在新型コロナウイルスの影響により、設備機器導入まで時間がかかるケースが多くなっております。ご了承ください。

お問い合わせはこちら