本当の良い家に住むために

地震に強いだけじゃないSE構法
プランニング
資金計画

耐震とデザイン性に優れるSE構法



地震から暮らしを守りたい思いから、ヒュートの新築はSE構法を取り入れています。



柱や梁そのものを互いに剛接合し、強固な構造躯体をつくり上げるラーメン構法を、日本の木造住宅に取り入れたのがSE構法です。

SE構法は公共機関でも採用されており、地震に負けない強さと、木造の美しさを両立しています。


公共機関で使われているぐらい信頼性の高い構法、梁見せ、生活に間取りを変えられる住み継ぐ家



taisin

耐震

ビルやマンションといった鉄骨造やRC造(鉄筋コンクリート)の建物に使用されるラーメン構造を採用。

柱と梁を「剛接合」という方法で協力に一体化させることで、地震などの力が加わっても変形しにくく、強い建物になります。

木造

柱や壁が少ないことから、木造でありながら大きな吹き抜けや広々としたLDKなど、設計の自由度が極めて高いのが特長です。立派な梁を活かした温もり溢れる空間を作ることができます。

鉄骨造やRC造のようにコストがかさむこともなく、一般の木造住宅の建築費用と同等で建てることが可能です。

広い空間

従来の木造建築では接合部の弱さを補うため、壁や筋交いがたくさん必要です。その点、SE構法は強力な接合と強度な収集材を使うことで柱を減らし大空間を実現することができます。

現在保育園などの公共機関でも多く採用されています。

taisin

間取り変更

「スケルトン&インフィル」
SE構法では躯体や基礎、外装などの構造部分(スケルトン)と、内装や設備、仕切り壁など(インフィル)が独立しています。だから大胆な間取り変更ができます。

将来ライフスタイルや家族構成が変わっても自分らしさ活かせます。

耐震性能を見える化する構造計算

構造計算は、あらかじめ地震の揺れや風の力を予測し、それに耐えうる性能を持った住宅づくりを可能にしています。

住宅は、土地の周辺環境や立地条件によって1棟1棟異なるため、SE構法では全棟を構造計算しています。構造計算を実現するには条件があります。それは、住宅の構造を構成するすべての部材の強度が分かっていること。接合部に強度の基準があること。 そして、基礎や構造部材、接合部の強度が一定の基準値を満たしていること。これによって初めて構造計算が可能になり、家の安全性を数値によって証明できるのです。

技術水準を証明する登録施工店制度

SE構法は一般的な工法と異なるさまざまな施工管理技術が必要なため、どの建設会社でも施工できるわけではありません。

SE構法施工管理技士の有資格 者 1 名以上が在籍し、一定の技術水準を有する「SE構法登録施工店」のみがSE構法の家を施工することができます。また、SE構法登録施工店の技術者は、定期的に開催される技術研修会や勉強会に参加し、最新の技術や知識を習得することと、3 年ごとにSE構法施工管理技士の免許を更新しています。

頭が柔らかくなるプランニング

本当はやりたいことがあるのに「無理だ」と、頭の中で決めつけてしまっていたり、お知り合いの家庭が妥協しているところを、同じようにあきらめてしまっていたり、気付かないうちに常識にとらわれ、要望を遠慮してしまうのは珍しくありません。 実は思っているほど費用がかからなかったり、突き詰めてみると「要望の先の本当にしたいこと」が見えてきたり、発見を楽しみながら家づくりができます。

「掃除のしやすさ」や「灯りの取り方」などの図面ではなかなか見えてこないことも、主婦ならではの目線で見逃しません。

とことんのおつき合い

施主様の希望によってはインテリアのご相談や提案、インテリアショップの紹介など、希望のスタイルが見つかるまでとことんおつき合いたします。

イメージを深める3D画像

ヒュートでは3D画像を作成しております。図面で見ると実際より部屋を広く感じる方が多いのですが、3D画像により、よりイメージがしやすくなると喜んでいただいております。

新生活をライフプランナーが応援します

住宅ローンを組む時「一日でも早く返済したい」気持ちから、ギリギリの返済額に設定しがちです。

結果、これからの生活が住宅ローンの返済を最優先するつらいものになってしまいます。

そんなことにならないように、HUTTでは思い描かれている生活スタイル、将来のイベント―これからの生活が今まで以上に楽しく快適になる応援をさせていただいております。

資金計画セミナーの開催

いきなり個別相談はしにくい。すぐに建てるわけじゃないけど勉強をしたい。ヒュートではそんなあなたを応援するために定期的にセミナーを開いています。

ここでは「よくある失敗例から学ぶ賢いローンの組み方」を、わかりやすく説明しています。銀行や建設会社の営業マンが教えてくれないような、生活設計を第一に考えた資金計画は、新生活を豊かで楽しいものにします。

※セミナー開催については、フェイスブックページでご案内しております。